湘南唯一の蔵元 熊澤酒造株式会社
Home » Recruit » Interview004 – 小宮明子

飲食ホール
2016年入社

小宮 明子

蔵元のものづくりの魅力を
直接お客様に伝える仕事です。

小宮さん.00_03_54_24.Still006

なぜ熊澤酒造で働きたいと思ったのか、またその魅力は?

もともと熊澤酒造のレストランはすごく好きで、大切な場面で家族や友人と一緒に来るような場所でした。
仕事を探しているときに、人と接することや食べることが大好きで、飲食業に就きたいと考えていたのですが、どこにでもあるようなお店はつまらないという思いがありました。熊澤酒造のそこにしかないサービスや、そこにしかない空間がすごく素敵だなと思い、蔵元ならではの唯一無二の空間で仕事をするということに魅力を感じました。
仕事という自分の好きなことを通して、地域の食文化や、ものづくりを発信できる仕事だと思い、熊澤酒造に決めました。

入社前と入社後で熊澤酒造に対するイメージはどう変化したか

飲食業は、体力的にもハードだし休みも少ないといったイメージ。ある程度の覚悟をして入社しましたが、実際は体力的にも無理なくしっかりお休みがもらえ、休みの希望もとれてプライベートも尊重してもらえるので、仕事とプライベートの両立できる会社だと思っています。

熊澤酒造で経験を積んで、成長したと思う点は?

スタッフの裁量に任せてもらえる環境です。良く言えば自由にできるということですし、逆に言うと臨機応変な対応が求められたり、決まったマニュアルがないことも多い。
最初は『まずはやってみなさい』という感じで、道筋を示されないといった場面が何度かあったので難しさも感じることもありました。
そんな中で自分でしっかりと考えて材料を集めたり、どうすべきかその都度状況に応じて判断したり、周りのスタッフと相談しながら物事を進めていく、という力をつけることができたと思います。

小宮さん.00_00_16_15.Still004
小宮さん.00_00_58_21.Still005

どのようなときにやりがいを感じるか

やはりお客様に喜んでいただけたときが、心から嬉しいです。
お客様の大切なお祝い事などでご利用いただいたときや、レストランの接客だけでなく、敷地内のガイドもやっている中で、自分の接客や説明でお客様が満足していただけたり、お店や熊澤酒造の魅力を伝えられたと感じるときは、嬉しいです。

未来の熊澤酒造の仲間へ向けてのメッセージ

熊澤酒造というとてもユニークで独特で素敵な、他にはないこの空間で、きっとここだったら自分にしかできないことが見つけらえると思います。
素敵な人間ばかりの楽しい職場ですので、ぜひ一緒に働きましょう。

明治5年創業の「熊澤酒造」プロデュース!
湘南で進化し続ける名店で、自分を磨きませんか?

Other interview